周りを気にしない自分でいること

コンプレックスは誰もが持っているものです。
そのコンプレックスから脱却するのにはどうすればいいのでしょうか。
コンプレックスは決して悪いことだけではありません。逆に劣等感があるからこそがんばろうという気持ちになることもあるのです。
自分の悪い部分を解消するきっかけとなるのである程度は必要になるものですが、中には過剰なまでにコンプレックスを持っているために積極的に行動ができなくなり人生が詰まらなくなってしまうこともあります。
過剰なコンプレックスを持たないためにいい方法とはつまり周りを気にしないことです。
周囲のことがきになるからこそコンプレックスを持ってしまいます。
例えば友達がいい家に暮らしていたり給料を多くもらっていたり、あるいは学歴が良かったりしますとどうしても自分の今置かれている境遇を不憫に思ってしまうものです。
しかしよく考えてみてください。
その気持ちこそが不幸の原因になっているのです。
自分は自分人は人という気持ちを徹底することによって自分が幸せになれます。
給料が友達よりも少なくても、いい家に暮らしていなくても今のところ何も問題なく暮らしているのであればそれでいいのです。
とはいえ周りを気にしない生活を徹底するのはなかなか難しいものであるのは確かです。
もしも周囲を見てコンプレックスに思ってしまうことをやめられないのであれば少し違った友達を作ってみるのも方法になります。
自分と同じような生活レベルの方と友達になればいいのです。
そうすればあまり周囲のことなど気にせずに生活できます。
そして何よりも自分の価値観をはっきっりとさせておくことが大事なことです。
自分の価値観がしっかりとしていないからこそ周囲の価値観に惑わされてしまいます。
自分が何をしているときに楽しいと思っているのか、どうばれば幸せなのかを改めて考え直してください。
コンプレックスさえなくなれば何も変化がなくても幸せが手に入れられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です