自分が大嫌いでしょうがなかった

完璧な人間などこの世にはいないものですが、自分がコンプレックスを抱えていると、自分のことが大嫌いだと感じるようになる方もいます。
誰しも多少なりともコンプレックスは抱えているものであり、それによって自分に自信が持てなくなってしまう傾向にあります。
まずは、改善できる部分は改善を講じることが必要です。
ですが、改善しようにも改善ができない場合は、自分の事を好きになる努力を行うことが大切です。
努力といっても気持ちの持ち方ひとつです。
自分で自分を悪く思うことをやめて、自分のことを悪く言わなくなると、自分の意識下にあるマイナスの自己評価がだんだん消えていきます。
うまくできなくても良いじゃないかと考えて、完璧にできない自分を許してみるのもひとつの手です。
また、自分の長所や他人から褒められた部分をもっとのばしてみるのも良いです。
自分のことをよく理解しているのは、自分だけなのです。
時には自分を褒めてあげることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です